クエン酸に期待される美容効果とは

美容成分としてのクエン酸

クエン酸というのはレモンや酢、梅干しに含まれる酸の一種で、酸味のもとになる成分です。
クエン酸は摂取すると疲労を回復する効果があるとしておなじみです。
クエン酸にはキレート作用があります。
キレート作用というのは体内の金属ミネラルが酸化するのを防ぐ効果があります。
そのために細胞が活性酸素によって酸化することを防ぐ抗酸化作用がはたらき、細胞の老化を防ぎます。
つまり、肌のしわやしみといった老化現象を予防する美容成分としての効果もあるのです。
またクエン酸には血液を弱アルカリ性に近づける作用があります。
酸性に偏ると疲れやすくなりますが、弱アルカリ性に保たれると体や肌の調子が良くなり、健康的な美しさを保つことができます。

クエン酸は体内に取り込むことも効果的ですが、美容成分として外側からコスメとして利用することもおすすめです。
クエン酸は薬局やドラッグストアなので販売されており容易に入手することが可能です。
ジュースの材料にするほか、掃除や美容に使われ人気です。
クエン酸を使ったシャンプーとリンスがおすすめです。
合成の界面活性剤を材料にしたシャンプーは泡立ちは良いのですが髪や環境には負担がかかるので石けんでシャンプーした後にクエン酸を薄めたお湯でリンスすると髪に負担をかけずにすこやかな髪を作ることができます。
石鹸でアルカリ性に傾いた髪をクエン酸の酸で中和するのが目的です。
石けん以外でも通常のシャンプーでアルカリ性に傾いた髪にクエン酸を使うとつるつるになります。

人気の美容成分、このサイトがおすすめですよ

Copyright (C)2017クエン酸に期待される美容効果とは.All rights reserved.