クエン酸に期待される美容効果とは

美容成分としてのクエン酸の働き方

クエン酸というのは、レモンや蜜柑のような柑橘類のさわやかな酸っぱさを示す物質で梅干しやお酢にもたくさん含まれています。
そして、これは美容成分としても広く使われていていています。
その理由はまず、キレートという金属をカニのハサミのように、包み込む力があるからです。
その力のより、化粧品に含まれる微量の金属をつつみこみ、その金属が、化粧品から、分離しないようにします。
2つ目の作用は、このキレート作用を利用して、抗酸化作用を行います。
紫外線の働きなどでできた、活性酸素を除去する力があるのです。
3つ目の作用は、これは、弱酸性なので、収斂作用とピーリング作用があります。
皮膚を引き締め、古い角質を取り除きます。
4つ目は、髪をシャンプーしたとき、アルカリ性になりますが、クエン酸入りのリンスを使うと、この賛成の性質で、髪を中性のもどし、髪をさらさらにします。
さらにこれは、他のアルカリ性物質と結びついて存在しているときはそのアルカリ性物質の力で酸性に傾いている皮膚の状態を、弱アルカリ性の健康な状態に戻します(これをpH調整作用といいます)。このような作用で、化粧品、シャンプー、リンス、歯磨き粉などに広く使われています。

人が食事をし炭水化物を食べると、分解されてエネルギーをだしますが、とちゅうで、乳酸が出来ます。
この乳酸を完全に分解するサイクルが細胞のなかにあり、その入り口にある物質がクエン酸です。
このサイクルによって、乳酸からさらに水と酸素にまで分解されるのです。
このようにこれは、体内にある物質ですので、安全な物質として安心して使えます。

また、炭酸カルシウムを溶かす作用があるので電気ポットの洗浄にも使われています。

人気の美容成分、このサイトがおすすめですよ

Copyright (C)2017クエン酸に期待される美容効果とは.All rights reserved.